太極拳上達の秘訣

陳氏太極拳とスピリチュアルな気功について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

小さなバスケットヒーロー (1/2)


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

迷従拳 劉雲礁大師



テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

陳小旺老師 新架式ニ路

陳小旺老師 新架式ニ路

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

陳氏太極拳老架式一路

陳氏太極拳老架式一路 陳正雷老師

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

混元内功

Feng Zhi Qiang - Xinyi Hunyuan Taiji Internal Training 1



Feng Zhi Qiang - Xinyi Hunyuan Taiji Internal Training 2


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Feng Zhijiang Chen Taiji 馮志強 陳式太極拳

馮志強老師の一路の貴重な映像です。
恐らく15年から20年くらい前ではないかと思います。



20年前の馮志強老師  48式


Feng ZhiQiang's 18 elbow form


推手
Chen taichi free-style push-hand



テーマ:こんなん見つけましたvv - ジャンル:ブログ

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

聖中心道肥田式強健術

肥田 春充(ひだ はるみち、1883年12月25日 - 1956年8月24日)
日本の肥田式強健術の創始者。思想家、著述家、体育家などとして活躍。



山梨県西桂村(現在の山梨県桂町小沼)において、医師川合立玄(はるつね)の五男として生をうける。幼少期は病弱な上痩せ細っていたため、「茅棒」のあだ名がつけられ、2度死の宣告を受ける程の虚弱児であった。数え年18歳にして心身改造に志し、古今東西の健康法、運動法を研究実践し、西洋のウエイトトレーニング等に東洋の丹田鍛錬、氣合等を取り入れた独自の心身鍛錬法、川合式強健術(後の、肥田式強健術)を編み出す。この鍛錬は、腹のみに力を入れる丹田鍛錬、腹力をさらに押進め、腰と腹に同量の力を込め、腰腹の中心に力を込めて「腰腹同量の正中心」を鍛錬する所にその大きな特徴がある。その鍛錬によりわずか2年で、体格改造に成功。さらに体力ばかりでなく頭脳も飛躍的に向上し、中央大学法科・明治大学政治科・明治大学商科・早稲田大学文学科の三大学四学科に入学する。在学中は、各大学の剣道、柔道、弓道等の選手となり、明治大学では初めて柔道部を創設し、初代キャプテンとなる。

大学卒業後、処女作『実験 簡易強健術』を出版、強健術を世に問う。この本はベストセラーとなり、世に強健術ブームを巻き起こす。その数ヶ月後、志願兵として近衛歩兵第四連隊に入隊、主計中尉となる。ここでも強健術の研鑚を欠かさず、椅子に腰掛けたままで行える「椅子運動法」等を考案する。

その後1917年(大正6年)、肥田家の婿養子となり、静岡県田方郡津島村八幡野(現在の静岡県伊東市八幡野)に住み、ここで強健術の鍛錬に没頭するとともに、恩師押川方義らと共に国事に奔走する。1923年(大正12年)に、腰腹同量の聖中心力を悟得してからは精神的な悟境もいよいよ深くなり、禅の高僧からもその境地を認められる。またそれまで研究していた、自然療法を「天真療法」として大成させ、自身の半生と悟境を綴った主著『聖中心道 肥田式強健術』と合冊で発表する。この本において、中心力を応用した独自の「中心力抜刀術」や「中心力護身術」「中心力雄弁法」「中心練磨法」等を発表している。

太平洋戦争前夜にはこれを回避すべく大川周明などと協力し、私財を擲って奔走した。戦中には憂国の念止み難く、東條英機に終戦勧告を二度に渡って書き、自決の覚悟をするも、自身の悟境より見た「世界人類の救済」との悲願を樹てることにより、死を思い止まる。その後は、人類救済のための宗教哲学の研究に没頭し、この研究を「宇宙大学」と呼ぶ。この時の原稿は積むと人の背丈程にもなり、その一部は死後「宇宙倫理の書」として出版される。

晩年の1955年(昭和30年)には、社団法人「聖中心社」を設立し、多年研究の宗教哲学に基づく平和運動を展開するも、その設立後一年にも満たない1956年(昭和31年)8月24日、人類の前途を憂うる余り、水も取らない49日間の断食の後死去。享年74(満72歳没)。

生涯を通じて多数の政治家、軍人、学者、文人などと親交があり、様々な影響を与えている。主な親交があった人物として、押川方義、松村介石、新井奥邃、二木謙三、加藤時次郎、佐藤精一、中里介山、徳富蘇峰、村井弦斎、大川周明、蓮沼門三、山下信義らがあげられる。また、実兄 川合信水(山月)(1867 - 1962)は、郡是製糸株式会社に教育部を創設し、後に基督心宗を創始した宗教家、教育家である。

テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

カラリパヤットゥ

kalaripayattu

カラリパヤットゥ
インドに伝わる伝統武術

インドにはさまざまな流派の武術がありますが、
南インドではカラリパヤットゥという武術が盛んです。カラリパヤットゥはケララ州に伝わる伝統武術で、一説によれば中国武術の元になっているともいわれます。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

植芝盛平

伝説の武道家3 植芝盛平~合気道~
和歌山県生まれ。起倒流柔術、柳生心眼流柔術、大東流合気柔術などを学び「合気道の開 祖」と呼ばれる達人。
uesibamorihei

戦後も海外に出向き、晩年まで合気道の指導と普及に身を捧げた。日本武道会で「不世出 の天才」「達人」と謳われた養神館の塩田剛三の師でもある。


1883年(明治16年)、和歌山県田辺市の農家に生まれた。

田辺中学校(現・和歌山県立田辺中学校・高等学校)を中退し、税務署勤務を経て、文房具卸売り業を開業。その傍ら起倒流柔術・神陰流剣術を学ぶ。その後兵役につき、日露戦争に従軍。その間柳生心眼流柔術の中井正勝の道場に通い免許を受ける。兵役を終えた後は、北海道紋別郡白滝村(現遠軽町)の原野に開拓農民として移住し開拓村で農業を指導、その一方で大東流合気柔術の武田惣角を北海道へ招いて合気柔術を習った。

1917年に父親の危篤の報を聞き帰郷した後、宗教団体大本に入信し京都の綾部に移住。1919年に綾部で「植芝塾」道場を開設。1922年頃から出口王仁三郎の命名により、自らの武術を「合気武道」と呼称し、井上鑑昭と共に、大本の内外の人に教授していた。 1924年2月、当時大病を患っていた井上鑑昭に代わり、出口王仁三郎警護の為、ともに出国し、モンゴル地方へ行き、盧占魁(ろせんかい 馬賊の頭領)とともに活動し、6月にはパインタラにて張作霖による危機をのがれ、7月に帰国した。

1926年に招かれて上京し、大日本帝国海軍の浅野正恭海軍中将、竹下勇海軍大将などの軍人や財界の関係者に、井上鑑昭と共に「合気武道」を指導。

第二次大本教弾圧事件を契機に「大本」及び「合気武道」をはなれ、独自に「皇武会」を発足し距離をおいた。その後、変転を経て1931年には東京都新宿区若松町に道場「皇武館」を発足。1940年には「財団法人皇武会」(初代会長竹下勇)として厚生省より認可を受け、1948年2月9日には「合気会」と改称された。 (一方の「合気武道」はその後、井上鑑昭が範主となって教授を続けた。)

戦後も海外に自ら出向くなど、晩年まで合気道の指導・普及に身を捧げた。

神道に熱心で、南方熊楠の神社合祀策反対運動に共鳴し、晩年に茨城県岩間町(現・笠間市)に合気神社を建立した。

1969年(昭和44年) 逝去。生地田辺市の高山寺がその墓所となった。

逝去後は、植芝吉祥丸が二代目道主を継承した。

文章はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

大山倍達十段

伝説の武道家2 大山倍達十段~極真空手~
200px-Masutatsu_oyama.jpg

大山 倍達(おおやま ますたつ、1923年7月27日(旧暦6月4日) - 1994年4月26日)
空手家であり、国際空手道連盟総裁・極真会館館長。極真空手十段。戦後に日本国籍を再取得した際も韓国籍を抜いておらず、韓国と日本の二重国籍者。実際の生年は1922年と思われる(この年が生年でないと旧暦と新暦の誕生日が一致しない)。韓国にも戸籍上の妻とチェ・クァンボム、クァンス、クァンファと言う三人の息子がいる。


以下は本人著書・自称などに基づく客観的に確認できない情報を含んでいます。
1923年7月27日、全羅北道 金堤郡(現:金堤市) 龍池面 臥龍里にて、父・崔承玄(チェ・スンヒョン、최승현)と母・金芙蓉(キム・ブヨン、김부용)との間の6男 1女の第4子として生まれた(東京市杉並区出身としている場合もあり)。朝鮮名は崔永宜(チェ・ヨンウィ、최영의)、帰化して日本名が大山倍達。他にも崔猛虎(チェ・メンホ、최맹호)、大山猛虎、大山虎雄、崔倍達(チェ・ペダル、최배달)などを名乗っていた事もある。大山の姓は、書生として住み込んでいた大山家(大山茂、大山泰彦の実家)の恩義から名乗ったとする説があり、日本名にも使った「倍達」とは、檀君神話に登場する伝説上の古代王朝、倍達国から。朝鮮民族は「倍達の民」「倍達民族」を美称として使うことがある。

幼少期は満州と朝鮮半島で育ち、16歳で山梨県の山梨航空機関学校(現日本航空高等学校)に入学、石原莞爾の東亜連盟に参加、軍人を志すが、卒業する前に終戦となる。その後、卒業。拓殖大学司政科卒業。早稲田大学高等師範部体育科中退。

1938年9月に空手を松濤館流の船越義珍に師事、その後松濤館流と剛柔流を主に学ぶ。終戦後は千葉を中心に民族運動に参加したとする説もある。「山篭り」で空手修行に励んだという。また、短期間ではあるが、1956年に大東流合気柔術の吉田幸太郎から合気柔術とステッキ術を学んだ。講道館柔道、アマチュア・ボクシングも研究している。

1947年に京都で開催された戦後初の空手道選手権で優勝、1952年にプロ柔道の遠藤幸吉四段と渡米、1年間ほど滞在して全米各地で在米のプロレスラーグレート東郷の兄弟という設定(Mas. Togoのリングネーム)で空手のデモンストレーションを行いながら、プロレスラーやプロボクサーと対決したとされる。ビール瓶の首から上の部分を手刀打ちで切り落とした時、観客は驚嘆し、「Hand of God」「Miracle Hand」などと形容された。

帰国後、牛を倒し(合計47頭、うち4頭は即死。)、その映像は映画『猛牛と戦う空手』として公開された。多くの武道家と交流し、また世界各国を巡りさまざまな格闘技を研究、直接打撃制の空手(極真空手-フルコンタクト空手)を作り出した。このエピソードは、梶原一騎原作の劇画『空手バカ一代』などに描写されている(ただしその内容については、作品の性質上、誇張や創作が多数含まれているという指摘もある)。目白の自宅の野天道場、池袋のバレエスタジオ跡の大山道場を経て、国際空手道連盟極真会館を設立し、数々の名だたる弟子・名選手を輩出している。多くのフルコンタクト系各流派を生み出す元ともなった。豪快で情に厚い人物であったという。

梶原一騎原作による漫画、空手バカ一代は、大山の半生記・伝記である。この漫画は当時の少年の間で話題となり、それに影響を受け入門する弟子も多かった。原作では「ノンフィクション」として書かれたが、実際には梶原一騎がグレート東郷等から聞いた話を元にしたもので「ノンフィクション」という表現は適切でないとも言える。

1994年4月26日午前8時、肺癌による呼吸不全のため東京都中央区の聖路加国際病院で死去。70歳没。
文章はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。