FC2ブログ

太極拳上達の秘訣

陳氏太極拳とスピリチュアルな気功について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

三船久蔵十段

伝説の武道家1 三船久蔵十段~柔道~
180px-Kyuzou_Mifune.jpg

三船 久蔵(みふね きゅうぞう、1883年(明治16年)4月21日 - 1965年(昭和40年)1月27日)
日本の柔道家。

身長159cm、体重55kg。小柄な体型ながら神技「空気投げ」をあみ出し、1945年(昭和20年)最高位の十段を授けられ「名人」の称を受ける。


明治16年岩手県久慈町(現・久慈市)に生まれる。久慈尋常高等小学校卒業後、郡役所に勤めるも数日で退職。一関中学から仙台二中(現・宮城県仙台第二高等学校)に進み柔道に出会う。仙台二中では柔道部を造った。1903年(明治36年)上京し講道館に入門。1904年(明治37年)早稲田大学予科入学。翌年慶應義塾大学理財科入学。

球車、大車、踵(きびす)返し、三角固め等多数の新技を発明し、その真髄といえるのが隅落(別名空気投げ)である。講道館では横山作次郎に師事。講道館指南役、東京帝大・早大・明大等多数の大学、警視庁の柔道師範として柔道の普及、後進の育成にも多大な功績を残した。「理論の嘉納、実践の三船」といわれるほど、柔道創始者である嘉納治五郎の理論を実践し「柔道の神様」とあがめられた。

1964年(昭和39年)東京オリンピックでは柔道競技運営委員を務め、国際的競技としての「柔道の完成」を見守った翌1965年(昭和40年)1月27日、82歳で永眠。同日、勲二等瑞宝章を授与され、正四位に叙される。

若き日には、のちに太平洋戦争時には空母機動部隊の指揮官を務め、終戦時には最後の連合艦隊司令長官となる小沢治三郎に、柔道の技で橋の上から投げ飛ばされたというエピソードがある。なお、三船の墓は鎌倉市内の霊園にあり、その霊園には小沢治三郎の墓もある。

小柄な三船がスイスイと体をかわすだけで、相手選手が面白いように転がる様子を当時の高段者達は冷やかにみていたが、1930年(昭和5年)第1回全日本柔道選手権大会で佐村嘉一郎七段を「空気投げ」で見事に投げ、周囲を感嘆させたという。

故郷久慈市の名誉市民第1号で、久慈市では1958年(昭和33年)に三船記念館を設立。1990年(平成2年)には三船十段記念館が設立され、三船十段杯争奪柔道大会、三船十段杯国際親善柔道大会を開催している。主な出身者に、65kg級元世界チャンピオンの柏崎克彦など。

http://www.kuukinage.com/

文章はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大山倍達十段 | HOME | Bruce Lee J.K.D>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。