太極拳上達の秘訣

陳氏太極拳とスピリチュアルな気功について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

聖中心道肥田式強健術

肥田 春充(ひだ はるみち、1883年12月25日 - 1956年8月24日)
日本の肥田式強健術の創始者。思想家、著述家、体育家などとして活躍。



山梨県西桂村(現在の山梨県桂町小沼)において、医師川合立玄(はるつね)の五男として生をうける。幼少期は病弱な上痩せ細っていたため、「茅棒」のあだ名がつけられ、2度死の宣告を受ける程の虚弱児であった。数え年18歳にして心身改造に志し、古今東西の健康法、運動法を研究実践し、西洋のウエイトトレーニング等に東洋の丹田鍛錬、氣合等を取り入れた独自の心身鍛錬法、川合式強健術(後の、肥田式強健術)を編み出す。この鍛錬は、腹のみに力を入れる丹田鍛錬、腹力をさらに押進め、腰と腹に同量の力を込め、腰腹の中心に力を込めて「腰腹同量の正中心」を鍛錬する所にその大きな特徴がある。その鍛錬によりわずか2年で、体格改造に成功。さらに体力ばかりでなく頭脳も飛躍的に向上し、中央大学法科・明治大学政治科・明治大学商科・早稲田大学文学科の三大学四学科に入学する。在学中は、各大学の剣道、柔道、弓道等の選手となり、明治大学では初めて柔道部を創設し、初代キャプテンとなる。

大学卒業後、処女作『実験 簡易強健術』を出版、強健術を世に問う。この本はベストセラーとなり、世に強健術ブームを巻き起こす。その数ヶ月後、志願兵として近衛歩兵第四連隊に入隊、主計中尉となる。ここでも強健術の研鑚を欠かさず、椅子に腰掛けたままで行える「椅子運動法」等を考案する。

その後1917年(大正6年)、肥田家の婿養子となり、静岡県田方郡津島村八幡野(現在の静岡県伊東市八幡野)に住み、ここで強健術の鍛錬に没頭するとともに、恩師押川方義らと共に国事に奔走する。1923年(大正12年)に、腰腹同量の聖中心力を悟得してからは精神的な悟境もいよいよ深くなり、禅の高僧からもその境地を認められる。またそれまで研究していた、自然療法を「天真療法」として大成させ、自身の半生と悟境を綴った主著『聖中心道 肥田式強健術』と合冊で発表する。この本において、中心力を応用した独自の「中心力抜刀術」や「中心力護身術」「中心力雄弁法」「中心練磨法」等を発表している。

太平洋戦争前夜にはこれを回避すべく大川周明などと協力し、私財を擲って奔走した。戦中には憂国の念止み難く、東條英機に終戦勧告を二度に渡って書き、自決の覚悟をするも、自身の悟境より見た「世界人類の救済」との悲願を樹てることにより、死を思い止まる。その後は、人類救済のための宗教哲学の研究に没頭し、この研究を「宇宙大学」と呼ぶ。この時の原稿は積むと人の背丈程にもなり、その一部は死後「宇宙倫理の書」として出版される。

晩年の1955年(昭和30年)には、社団法人「聖中心社」を設立し、多年研究の宗教哲学に基づく平和運動を展開するも、その設立後一年にも満たない1956年(昭和31年)8月24日、人類の前途を憂うる余り、水も取らない49日間の断食の後死去。享年74(満72歳没)。

生涯を通じて多数の政治家、軍人、学者、文人などと親交があり、様々な影響を与えている。主な親交があった人物として、押川方義、松村介石、新井奥邃、二木謙三、加藤時次郎、佐藤精一、中里介山、徳富蘇峰、村井弦斎、大川周明、蓮沼門三、山下信義らがあげられる。また、実兄 川合信水(山月)(1867 - 1962)は、郡是製糸株式会社に教育部を創設し、後に基督心宗を創始した宗教家、教育家である。
スポンサーサイト

テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

動画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

5.日月旋転功

両掌を胸の前に置き、手のひらを内側に向けて、意識は労宮とそれに対応する体の内部に置く。
(1)両掌を先ずは胸の下、外側、胸の上へと、外側から内側へ回すようにして、回転させる。この時、両掌に相応して胸の辺りの肉塊、内部も回転させる。これを18回から30回繰り返す。
(2)次に、先程と反対に内側から外側へと回すようにして、18回から30回繰り返す。
(3)終わったら、胸を上から下へと気を払うゆうにする。これを三回くらい繰り返す。
混元内功 005

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

混元内功 | コメント:0 | トラックバック:0 |

左右陰陽功

肩幅位に立つ。この時、膝を緩め、命門を緩め、両手は下に垂らす。
指先でからだで、地の気を感じ、指先が地球の中心に届く位まで落とし、次にそこから、上に気が上がって来るのを感じ、指先から手、腕、肩、胸を通り、反対側の肩、腕、手、指先から下に落とし、地中まで、落とし、地球の軸に届く位まで落とす。そこからまた同じように、上に気が上がって来るのを感じ、指先から手、腕、肩、胸を通り、反対側の肩、腕、手、指先から下に落とし、地中まで、落とす。
重心の移動は気の運びに合わせて、ユックリ左右に移動させ、これを繰り返す。繰り返すうちに、重さを感じ、丹田の充実感を感じるようになる。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

気功法 | コメント:0 | トラックバック:0 |

4、双掌揉球功

胸の前で、手と手を合わせ、掌の真ん中の労宮穴と労宮穴を合わせるようにして、手の間にある気の球を揉むようにして、少しずつ手を前後に回すようにする。 両手を交互に内側から外側に回すようにして縦の円を描くように回し、また反対に外側から内側に縦の円を描くように回す。

慣れてきたら、少しずつ意念を変え、股関節を緩め、クワを抜くようにして、縦の円形の力を使うようにする。胸を緩めて、背中も緩め、両腎を引き合い、縦の円形を回すように、また球が回るように、
胸が回り、背が回り、人が回る。自分の周りの気膜も回り、当たり一体の空気も回るようにすると、自転するような感覚を得る。

混元内功 004


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

混元内功 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。