太極拳上達の秘訣

陳氏太極拳とスピリチュアルな気功について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

1、降気洗臓功 (チャンチーシーザンゴン/回数 9回)

足は肩幅位に開き、膝を曲げて、股関節を緩め、お臍の後、命門を緩めるようにして、背中と首筋をまっすぐにして、姿勢を正して立ちます。

次に両掌を上に向けてゆっくり左右に開きながら上げて行き、天の気を受けて、頭の天辺の百会穴または祖窮門から上丹田に新鮮な気を採り入れる様にします。

手は頭の上からゆっくり身体の前を通りゆっくり、膝まで降ろして足の下まで降ろしてくる。
この時、上から体の内部を洗うように、汚い気が出て行くように降ろして来て、足の裏の涌泉穴から地中に出していくように意識します。これを9回くらい行なってください。

各気功が終わったら、収功を三回行ないます。
この収功は意識を元に戻して、両掌を小さめに開き、上に向けてあげて、顔の前、首、体の前を通りお腹の前、中丹田に両掌を向けて、丹田に気を収めるようにして集中します。

このとき男性は右手の上に左手を載せ、女性は左手の上に右手を載せます。そしてそのままじっと中丹田を観て聞いて思います。中丹田は男性はお臍の少し後、女性はお臍の少し下の少し後あたりを意識します。

降気洗臓功




スポンサーサイト

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

混元内功 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。