太極拳上達の秘訣

陳氏太極拳とスピリチュアルな気功について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

5.日月旋転功

両掌を胸の前に置き、手のひらを内側に向けて、意識は労宮とそれに対応する体の内部に置く。
(1)両掌を先ずは胸の下、外側、胸の上へと、外側から内側へ回すようにして、回転させる。この時、両掌に相応して胸の辺りの肉塊、内部も回転させる。これを18回から30回繰り返す。
(2)次に、先程と反対に内側から外側へと回すようにして、18回から30回繰り返す。
(3)終わったら、胸を上から下へと気を払うゆうにする。これを三回くらい繰り返す。
混元内功 005

スポンサーサイト

テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

混元内功 | コメント:0 | トラックバック:0 |

4、双掌揉球功

胸の前で、手と手を合わせ、掌の真ん中の労宮穴と労宮穴を合わせるようにして、手の間にある気の球を揉むようにして、少しずつ手を前後に回すようにする。 両手を交互に内側から外側に回すようにして縦の円を描くように回し、また反対に外側から内側に縦の円を描くように回す。

慣れてきたら、少しずつ意念を変え、股関節を緩め、クワを抜くようにして、縦の円形の力を使うようにする。胸を緩めて、背中も緩め、両腎を引き合い、縦の円形を回すように、また球が回るように、
胸が回り、背が回り、人が回る。自分の周りの気膜も回り、当たり一体の空気も回るようにすると、自転するような感覚を得る。

混元内功 004


テーマ:心、意識、魂、生命、人間の可能性 - ジャンル:心と身体

混元内功 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3、三丹開合功

(上丹開合)眉間の前で両手を徐々に広げて開に向かう。この時、指先と指先が細い気の糸で繋がっていることをイメージしながら、大きく横に開いて行く。両手が開く時に両目も左右に開くようにすると集中しやすい。また、この時、体全体の開合運動も伴う。

次に両手を合に向かわせる。この時、両手の間の気の球を感じながら、閉じていく。

(中丹開合)お腹の前で両手を徐々に広げて開に向かう。この時、指先と指先が細い気の糸で繋がっていることをイメージしながら、大きく横に開いて行く。両手が開く時に腎も左右に開くようにすると集中しやすい。また、この時、体全体の開合運動も伴う。

次に両手を合に向かわせる。この時、両手の間の気の球を感じながら、閉じていく。

(下丹開合)股間の前で両手を徐々に広げて開に向かう。この時、指先と指先が細い気の糸で繋がっていることをイメージしながら、大きく横に開いて行く。両手が開く時に会陰も左右に開くようにすると集中しやすい。また、この時、体全体の開合運動も伴う。

次に両手を合に向かわせる。この時、両手の間の気の球を感じながら、閉じていく。
混元内功



テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

混元内功 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2、三丹採気功 (サンタン ツァイチーゴン/回数 各9回)

(1)上丹採気(シャンタンツァイチー)
両手を横に広げてあたり一体の景色を取り入れるかのように、顔の前まできたら上丹田(祖窮門)、眉間のところまで両手持ってそこ
から気を取り入れるようにして、両手は上丹田から中丹田に下ろすようにして、手で気を導くようにする。

(2)中丹採気(チョンタンツァイチー)
両手を横に広げてあたり一体の景色を取り入れるかのように中丹田に引き入れる。その時に意念で気を導き中丹田から命門に気を運び、また命門から 中丹田まで 戻す。丹田から命門を何度か繰り返すようにして、丹田の充実感を計る。

(3)下丹採気(シャ-タンツァイチー)
地の気を吸い上げるようにして両手を前に下げて、両手を足の内側から徐々に上にあげる。
この時、涌泉から足の内側を通って会陰に、そして手は体の側面で命門の位置から丹田の位置に迄持って来て、同時に手によって気を導くようにする。

0002.jpg


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

混元内功 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1、降気洗臓功 (チャンチーシーザンゴン/回数 9回)

足は肩幅位に開き、膝を曲げて、股関節を緩め、お臍の後、命門を緩めるようにして、背中と首筋をまっすぐにして、姿勢を正して立ちます。

次に両掌を上に向けてゆっくり左右に開きながら上げて行き、天の気を受けて、頭の天辺の百会穴または祖窮門から上丹田に新鮮な気を採り入れる様にします。

手は頭の上からゆっくり身体の前を通りゆっくり、膝まで降ろして足の下まで降ろしてくる。
この時、上から体の内部を洗うように、汚い気が出て行くように降ろして来て、足の裏の涌泉穴から地中に出していくように意識します。これを9回くらい行なってください。

各気功が終わったら、収功を三回行ないます。
この収功は意識を元に戻して、両掌を小さめに開き、上に向けてあげて、顔の前、首、体の前を通りお腹の前、中丹田に両掌を向けて、丹田に気を収めるようにして集中します。

このとき男性は右手の上に左手を載せ、女性は左手の上に右手を載せます。そしてそのままじっと中丹田を観て聞いて思います。中丹田は男性はお臍の少し後、女性はお臍の少し下の少し後あたりを意識します。

降気洗臓功




テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

混元内功 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。